• ファイルメーカーとEC2の組み合わせ

    ファイルメーカーは、クロスプラットフォームやデータベース対応の、ウェブアプリケーション作成ソフトウェアです。
    一方のEC2は、目的に合わせて規模が変えられる、クラウドタイプのサーバーホスティングサービスです。



    この二つは、どちらも優れた機能や性能を併せ持っているので、組み合わせによって相乗的に、効果を引き出すことが可能となります。



    ファイルメーカーの特徴は、データを追加したり、あるいは変更や削除機能を持つ、アプリケーションが簡単に作り上げられる点にあります。
    またファイルメーカーは、標準でデータベースに対応していますし、面倒な導入や複雑な設定が不要となっています。
    対するEC2の利点は、必要な時に、必要な分だけ料金を支払うだけで使える、スケーラビリティーが挙げられます。

    ファイルメーカーEC2ならこちらのサイトがオススメです。

    これは、ファイルメーカーと相性が良く、本番環境での導入は勿論、事前のテストでも役立つことを意味するでしょう。例えば、EC2はデータの保存や処理に関して、気兼ねすることなく簡単に任せられるので、純粋に機能の実現や維持に注力することが出来るようになります。
    ただ、最初からEC2に対し、本番の運営を任せるのに不安が生じる場合もありますから、その時はインスタンスを作成して、本番に近い環境のテストを行うことがおすすめです。


    EC2上でファイルメーカーを使用すると、外部から切り離したセキュアなデータベースや、逆に公開されるウェブショッピングサイト等が、比較的簡単に立ち上げられるようになります。


    単に多機能なだけではなく、ユーザーインターフェイスの作成機能も洗練されているので、短時間で本格的なアプリケーションやサービスを実現することが出来ます。


  • 難しくない科学

    • 世界標準の業務パッケージであるファイルメーカーがEC2で動作するようになっています。今までは中小企業が中心だった業務パッケージのファイルメーカーですが、EC2で動作が出来るようになったことにより、大企業での運用にも耐えうるように変わっています。...

  • 関連情報

    • ファイルメーカーは豊富なテンプレートを誇る業務パッケージとして多くの企業で採用をされています。導入してすぐに使うことができ、ノンプログラミングで自由にカスタマイズが出来るファイルメーカーであれば、システムの導入コストは大幅に削減されていきます。...

  • 科学関係の真実

    • 業務用パッケージの標準であるファイルメーカーは既に多くの中小企業に導入をされています。ファイルメーカー自体はappleとの親和性が非常に高い業務パッケージで、導入をすれば最初からWeb、スマートフォン、タブレットでの動作を行うことが出来ます。...

  • 知っておきたい情報

    • EC2は世界標準のサーバとして世界各国で使用されています。可変型サーバとして、扱うトランザクション量に応じて、自由にCPU追加やメモリ増設の行えるアマゾンEC2であれば、中小企業から大企業まで導入可能です。...